morningstar

年末年始特集

年末年始特集

ファンド“ニュース”オブ ザ イヤー2015 -今年の投信動向を振り返る

 2015年も残すところあとわずか。この1年で筆者(ファンドアナリスト)が個人的に印象に残った投資信託関連のニュースやデータを「ファンド“ニュース”オブ ザ イヤー2015」として紹介したい。

日本でもパッシブ比率が急拡大、3割突破が目前に

 米国籍ファンド(注1)のパッシブ比率(純資産額全体に占めるパッシブファンドの比率)は、2014年12月末に月末基準で初めて3割の大台を突破した後、2015年11月末時点では31.9%までそのシェアを拡大している。日本でも投資家のコスト意識の高まりやETF(上場投資信託)の普及を背景に、アクティブからパッシブへの移行が進み、国内籍ファンド(注2)のパッシブ比率は2014年末時点の23.3%から11月末時点の29.7%と拡大した。米国に遅れること1年、3割突破が目前に迫っている(図表1参照)。

(注1)米国籍オープンエンドファンド(ETF含む、MMF、ファンド・オブ・ファンズ除く)が対象
(注2)国内追加型株式投資信託(確定拠出年金向けファンド及びラップ口座専用ファンド、ETF等含む)が対象

 

図表1:国内籍ファンドのアクティブ/パッシブ比率推移

051_01

※ 各年末時点(2015年は11月末時点)
※ 出所:モーニングスター作成

 

グロソブなど1兆円ファンドから陥落も、新たに3本が仲間入り

 4月にグローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)の純資産残高が約12年半ぶりに1兆円の大台を割り込んだという内容のニュースを以前に配信した。グロソブと言えば、ピーク時には5兆7,685億円の純資産残高を誇り、長らく毎月分配型ファンドの代名詞にもなっていたファンドだ。2015年はグロソブ以外にも1兆円ファンドの顔ぶれが変化した。昨年末時点で9本存在した1兆円ファンド(ETF4本を含む)のうち、グロソブとドイチェ・高配当インフラ関連株(米ドル)毎は11月末時点で純資産残高1兆円を割り込む一方、フィデリティ・USリートB(H無)と、ETFのダイワ 上場投信-トピックス<1305>、上場インデックスファンドTOPIX<1308>が新たに1兆円ファンドの仲間入りを果たした(図表2参照)。ここでもETFの存在感が高まっていることがわかる。

参考記事:1兆円ファンドの座から陥落したグロソブ、国際債券としては良好な成績

 

図表2:1兆円ファンドの変遷

 

順位 ファンド名 運用会社 純資産残高
(億円)
ETF
1 日経225連動型上場投資信託 <1321> 野村 32,512
2 TOPIX連動型上場投資信託 <1306> 野村 29,234
3 上場インデックスファンド225 <1330> 日興 16,086
4 ダイワ 上場投信-日経225 <1320> 大和 14,522
5 新光 US-REITオープン 新光 13,789  
6 ダイワ 上場投信-トピックス <1305> 大和 13,591
7 上場インデックスファンドTOPIX <1308> 日興 13,029
8 ラサール・グローバルREIT(毎月分配型) 日興 12,911  
9 フィデリティ・USリートB(H無) フィデリティ 10,452  
10 フィデリティ・USハイ・イールドF フィデリティ 10,385  

※ 2015年11月末時点
   新たに1兆円ファンドに仲間入りしたファンド

 

順位 ファンド名 運用会社 純資産残高
(億円)
ETF
1 日経225連動型上場投資信託 <1321> 野村 23,764
2 TOPIX連動型上場投資信託 <1306> 野村 19,716
3 新光 US-REITオープン 新光 15,177  
4 ドイチェ・高配当インフラ関連株(米ドル)毎 野村 13,532  
5 ラサール・グローバルREIT(毎月分配型) 日興 12,655  
6 フィデリティ・USハイ・イールドF フィデリティ 12,326  
7 ダイワ 上場投信-日経225 <1320> 大和 11,784
8 グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型) 三菱UFJ国際 10,812  
9 上場インデックスファンド225 <1330> 日興 10,441

※ 2014年12月末時点
   2015年11月末時点で1兆円ファンドから転落しているファンド
※ 出所:モーニングスター作成

 

“爆買い”は投信の世界でも?―「日本企業価値向上ファンド」など

 今年のマーケットを動かしていたのは、“トリプルスリー”ならぬ、「中国経済の減速」「米国の利上げ」「原油価格の急落」の“トリプルウォーリー(3つの心配事)”であった。海外株式や海外債券などが軟調に推移するなか、日本株式については、4月に日経平均株価が約15年ぶりに2万円台を回復するなど好調を維持し、ファンドの世界でも“一人勝ち“となった(図表3参照)。

 

図表3:主要資産別の年初来リターン

051_03

※ 2015年11月末時点の年初来リターン
※ 大分類別のモーニングスターインデックス(単純)に基づく
※ 出所:モーニングスター作成

 

 また、日本株ファンドは人気の面でも話題となった。4月設定の日本企業価値向上ファンド(限定追加型)は、当初の想定よりも資金が集まり過ぎたため、募集開始後わずか2週間足らずで新規の購入申し込み受け付けを停止した。この間、実に2,000億円以上の資金を集め、“爆買い”の様相を呈した。また、2014年4月設定の日本株アルファ・カルテット(毎月分配型)と今年2月設定のJPX日経400アクティブ・プレミアム(毎月)も、11月末までの年初来の純資金流入額がいずれも3,000億円を上回った。これらは日本株式への投資に加えて、前者は「円売り/ブラジルレアル買い」、後者は「円売り/米ドル買い」の為替取引を行う一方で、いずれも株式および通貨のカバードコール戦略を用いることで、株式リスク・為替リスクを低減した運用が期待できるとされている。ただし、このような複雑な手法が個人投資家の理解を得られているかは疑問である上、概ね設定から日の浅いため“実力未知数”と言っても過言ではない。

参考記事:<投信情報>5カ月連続の流入超、国内株式は新規設定で久々の“ヒット商品”―4月推計資金流出入

 

投信残高が過去最大、ETFとラップ口座専用ファンドが高い伸び

 5月末の国内公募投信の純資産残高が初めて100兆円の大台を突破したという内容のニュースを以前に配信した。モーニングスターでは、このうち公社債投信や単位型投信などを除いた国内追加型株式投資信託(当コラムでは「国内籍ファンド」と表記)にカテゴリーを付与し、分析対象としているが、これらの純資産残高も同月末に初めて80兆円の大台を突破した(図表3参照)。なかでもETFは11月末時点で年初来1.5倍に、ラップ口座専用ファンドは同1.8倍と高い増加率を示し、残高増加に貢献した。

参考記事:公募投信の純資産総額、100兆円を突破―5月の投信協会概況

 

図表4:国内籍ファンドの純資産残高推移

051_04

期間:2000年1月末から2015年11月末まで
※ 出所:モーニングスター作成

 

「チャイナショックですか?」「安心してください、ラップ型ファンドですよ」

 今年はラップ型ファンド(注3)の新規設定が目立った。11月末時点で国内には54本のラップ型ファンド(確定拠出年金向けファンド及びラップ口座専用ファンド、ETF等除く)が存在するが、その半分にあたる27本が今年に入ってから設定されたものだ。ラップ型ファンドは国内外の幅広い資産への分散投資や投資家のリスク許容度に合わせて「安定型(保守型)」「成長型(積極型)」など複数のコースからファンドを選択できるのが特徴だ。そこで今回は、8月のチャイナショック前後(7-9月)の相場を例に、「安定型(保守型)」のラップ型ファンドがどの程度下落への耐性があったのかを検証した。

 モーニングスターカテゴリー「安定」に属するファンドの9月末時点の3カ月トータルリターンは▲5.24%であった。一方で、同カテゴリーに属する主要なラップ型ファンドでは、 のむラップ・ファンド(保守型)が▲2.02%、 ラップ・コンシェルジュ(安定タイプ)が▲2.34%、 スマート・クオリティ・オープン(安定型)が▲2.48%となるなど、下落局面への強さを見せつけた(図表5参照)。

(注3)バランス型ファンドのうち、ファンド名か愛称に「ラップ」を含むファンド

参考記事:ラップ型ファンド“戦国時代”―人気と実力は?

 

図表5:チャイナショック前後におけるラップ型ファンドのパフォーマンス

051_05

※ 2015年9月末時点における3カ月トータルリターンで比較、ファンド名は略称
※ カテゴリー平均は、モーニングスターインデックス(単純)の「安定」に基づく
※ 出所:モーニングスター作成

 

 さて、来たる2016年。モーニングスターでは1月末に、優れた運用実績を持つファンドを表彰する「ファンド オブ ザ イヤー2015」を発表する。2016年も当面は「トリプルウォーリー」を警戒する流れが続くと見られるが、そうした環境でどのような投資戦略を立てるのか、また、3年目のNISA(少額投資非課税制度)や新たにスタートするジュニアNISAではどういったファンドに投資すべきかなど、受賞ファンドを大いに参考にしてほしい。

(守谷 清貴)

【記事一覧】

年末年始特集トップへ

ページの先頭へ戻る

Copyright© 2019 Morningstar Japan K.K. All rights reserved.