morningstar

年末年始特集

年末年始特集

2015年月間売買代金ランキング1位を取り続けた短期決戦型ブル・ベア投信、新規設定相次ぐ

残高が1兆円超え、売買代金もトップ、急拡大を続けるブル・ベア型投信

 2015年、ブル・ベア型投資信託(注1)の残高が1兆円を突破、2014年末と比較して2倍以上に急拡大している(図表1参照)。2013年3月以降、アベノミクスをきっかけに残高が増えていたが、2015年は夏頃の世界同時株安を受け急落したところに個人投資家の買いが殺到、残高を押し上げた。

(注1)モーニングスターカテゴリーにおいて「為替ブル・ベア型」「株式ブル・ベア型」「債券ブル・ベア型」のいずれかに属するファンド(ETF含む、ファンドラップおよび確定拠出年金向け除く)以下、当レポート内のコメント、図表で同じ

図表1:ブル・ベア型投資信託(ETF含む)の残高

ブル・ベア型投資信託(ETF含む)の残高

期間:2010年1月末~2015年11月末
出所:モーニングスター作成

 ブル・ベア型投信とは、日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)などの指数に対して、「変動率」が、2倍や3倍などの値動きを取るよう運用される投資信託で、ブル型とベア型に分類される。「ブル型」は、上昇相場において高いリターンが期待できるタイプを言う。一方、「ベア型」は下落相場で高いリターンが期待できるタイプを指す。例えば、2倍の変動率を目指すブル型投信では、仮に日経平均が3%上昇する時に、その2倍の変動率となる6%上昇するよう運用される。また同様に、マイナス1倍の値動きを目指すベア型投信では、日経平均が3%“下落”する時に、3%“上昇”するように運用される。個人投資家にとって、先物やオプション取引は仕組みが複雑であり運用するにはハードルが高い。一方で、ブル・ベア型の投資信託であれば通常の投資信託や株式と同じように取引ができるため取り組みやすく人気を集めている。

 東証が公表している2015年の月間売買代金ランキング(1月~11月)では、ETF・ETN部門でブル型ETFNEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信<1570>の売買代金が11ヶ月連続1位を記録、個別株上位常連のトヨタ自動車<7203>に対し平均2倍以上買われており、2015年の日本市場において最も活発に取引された銘柄となった。

2015年新規設定ファンドが全体の3分の1、個性的な商品がそろう

 2015年、新しく31本のブル・ベア型投信が設定された(11月末時点)。現在運用をしている全98本の約3分の1が今年設定されたこととなり、注目度が高い。中でも17本が株式型のブル・ベアETFであり、人気が集まっている。中身を確認すると、JPX400連動のタイプや日本株に対し3.7倍もしくは4.3倍など2倍以上の高い倍率で動くタイプ、ブラジルレアルやインド株等新興国に投資するタイプなど、今までに無い商品性のものが目立った。運用会社各社が独自性を打ち出し資金を集めようとしている様子がうかがえる。 

図表2:2015年ブル・ベア型新規設定ファンド(一部抜粋、順不同)

株式ブル型 株式ベア型
SBI 日本株3.7ブル SBI 日本株3.7ベア
楽天 日本株4.3倍ブル 野村 ハイパーブル・ベア5(ベア5)
(NEXT FUNDS)JPX日経400レバレッジ JPX日経400ベア2倍上場投信ダブルインバース
T&Dブル・ベア・ファンド(インド株・ブル) ダイワ上場投信-JPX日経400ダブルインバース
為替ブル・ベア型
野村 米ドル円3.5倍ブル・ベア(ブル・円安)
T&Dブル・ブル・ファンド(ブラジルレアル)
T&Dブル・ベア・ファンド(南アランド)

期間:2015年1月1日~2015年11月30日の間に新規設定されたものが対象
出所:モーニングスター作成

あくまで短期決戦型!ボックス相場では思わぬ損失も。

 2016年も引き続き注目したいブル・ベア型投信であるが、取引にあたっては1点必ず覚えておいてほしい留意点がある。それは、長期で保有すると、必ずしも2倍や3倍の変動率になるとは限らないことだ。特に株価が一定の範囲内でもみあうようなボックス相場では思わぬ損失を抱えてしまう要因となる。

 (図表3)と(図表4)は、仮に日経平均を100としてスタートし、1日毎に100と110の上下変動を繰り返した場合、12日間でブル(2倍)型の投資信託が理論上どのように値動きするか示したものである。

図表3:ブル(2倍)型投信を12日保有した場合の値動き

図表3:ブル(2倍)型投信を10日保有した場合の値動き

※ 1日目の日経平均およびブル(2倍型)投信を100とし、指数化
出所:モーニングスター作成

図表4:日経平均とブル(2倍)型投信の値動き

日経平均 ブル(2倍)型投信
終値 前日比上昇率 終値 前日比上昇率
1日目 100 100.0
2日目 110 10.0% 120.0 20.0%
3日目 100 -9.1% 98.2 -18.2%
4日目 110 10.0% 117.8 20.0%
5日目 100 -9.1% 96.4 -18.2%
6日目 110 10.0% 115.6 20.0%
7日目 100 -9.1% 94.6 -18.2%
8日目 110 10.0% 113.5 20.0%
9日目 100 -9.1% 92.8 -18.2%
10日目 110 10.0% 111.4 20.0%
11日目 100 -9.1% 91.1 -18.2%
12日目 110 10.0% 109.4 20.0%

※ 1日目の日経平均およびブル(2倍型)投信を100とし、指数化
出所:モーニングスター作成

 1日目にブル型投信を買った投資家は、「100で買ったのだから、ずっと持っていても日経平均が110に上がった時には2倍の上昇率を取るブル型投信は120になるはず」と考えるかもしれない。しかし、保有をし始めて12日目には日経平均が110であるのに対しブル(2倍)型は109.4と日経平均の値を下回ってしまう。これでは「どこが2倍の上昇率だ」と言いたくなるかもしれない。(図表4)を見ていただきたい。確かに1日目に100で買った投資家にとって、12日目のブル・ベア投信の終値は109.4と2倍の上昇率とは程遠い。しかし、11日目の終値91.1に対しては日経平均が100から110へと10%上昇したことに対しブル型投信は91.1から109.4と20%上昇しており、きれいに2倍の上昇率となっていることが分かる。ポイントはあくまで“前日比”に対する連動であるという点だ。

 では、実際の相場ではどう動いたか。2015年内において日経平均の推移をみると3つの局面を見つけることができる(図表5参照)。まず、1~5月は日経平均が大きく上昇した上昇相場、6~7月はもみあいに終始したボックス相場、8~9月は大きく下落した下落相場である。この3局面において、日経平均の変動率に対し2倍の変動率を目指すブル型の値動きを各月の終値ベースで比較した(図表5)。上昇相場では日経平均の17.84%に対しブル型は38.28%、下落相場では同マイナス15.53%に対し同マイナス29.44%とおよそ2倍の変動率となった。しかし、ボックス相場では日経平均が0.11%上昇したにもかかわらず、日経平均(2倍)ブル型は0.6%下落しており、思わぬ損失を生む結果となった。

図表5:2015年各相場におけるリターンの推移

  1~5月
上昇相場
6~7月
ボックス相場
8~9月
下落相場
日経平均 17.84% 0.11% -15.53%
日経平均ブル型(2倍) 38.28% -0.60% -29.44%
20.45% -0.71% -13.91%

※ 日経平均ブル型(2倍):モーニングスターカテゴリー「株式ブル型」において、日経平均に2倍連動するように作られ、2015年1月1日時点において資産残高があるファンドのリターンの単純平均
出所:モーニングスター作成

 銘柄数も増え、今後も投資家の残高および売買回数の増加が見込まれるブル・ベア型投信であるが、このようにあくまで「前日比」に対する変動率である旨を覚えておいてほしい。そして、短期決戦型の投機性の高い商品であることを理解したうえで利用すべきである。

(吉川 裕子)

【記事一覧】

年末年始特集トップへ

ページの先頭へ戻る

Copyright© 2021 Morningstar Japan K.K. All rights reserved.